佐賀県有田 焼き物のテーマパークNo1 有田ポーセリンパーク

ドイツのツヴィンガー宮殿を再現した有田焼ギャラリーや世界の名品を展示したヒストリー館など、世界の陶磁器を一堂に展示したテーマパークです。とても見応えのあるテーマパークです。また、観光酒蔵や地ビール工場、やきもの体験工房もある。バイキングなどの食事処、おみやげ品も充実していて寄ってみて悪くは無いですよ! ドイツのツヴィンガー宮殿を再現建造物は圧巻です。これだけでも見応え十分です~♪また場内にはコスプレを楽しむ人たちもちらほら楽しそうでした。 佐賀でのお泊りは武雄温泉と嬉野温泉が有りますがお茶の里としても名高い嬉野温泉が良いでしょう。宿は嬉野温泉では老舗の和多屋別荘さんがおススメです広いロビーです和室一例佐賀牛の美味しいしゃぶしゃぶです。 ゆったりした大浴場です

続きを読む

安珍・清姫伝説の寺 和歌山県日高川町「道成寺」と白浜温泉

このお寺の和尚さんが安珍・清姫の話を面白おかしく説法を聞かせてくれると聞き及んでいたので、それを聞こうと楽しみにして行きました。すると直ぐにでも始まると言うことを耳にして、急いで会場の方に行って見るともうたくさんの観光客の皆さんが座って待って居られました。 私たちも空いてる席に座ると直ぐに説法が始まりました。最初は何てこと無い説法のように思いましたが、話が進むに連れて面白可笑しく説いて呉れました。悲しい物語ですが楽しく説法を聞きました大変良かったです皆さんにもおススメです。道成寺 は、和歌山県日高郡日高川町にある寺院。新西国三十三箇所観音霊場の第五番札所である。能、歌舞伎、浄瑠璃の演目として名高い、「安珍・清姫伝説」で知られる。この伝説は、平安時代中期に編纂された『大日本国法華験記』にすでに見える古い話である。 拝観の際には縁起堂で「安珍清姫」の絵巻物を見せながらの絵説き説法が行われる。 所在地   和歌山県日高郡日高川町鐘巻1738 起源と歴史 701年、文武天皇の勅願により、義淵僧正を開山として、紀大臣道成なる者が建立したという。この伝承をそのまま信じるわけにはいかないが、本寺には、奈良時代にさかのぼると思われる千手観音像があり、境内から奈良時代の瓦が発掘される点などから見て、8世紀頃には建立されていたと見られる。 安珍・清姫伝説の後日譚に従い、白拍子が紀州道成寺の鐘供養の場に訪れる。女人禁制の供養の場であったが、白拍子は舞を舞い歌を歌い、隙をみて梵鐘の中に…

続きを読む

3大仇討で有名な「荒木又右衛門」の墓「玄忠寺」

鳥取市の玄忠寺に時代劇で有名な三大仇討荒木又右衛門のお墓が有るのご存知ですか?此処にもちょこっと寄って来ました。 荒木又右衛門 『曾我兄弟』『忠臣蔵』とならんで、日本の三大仇討ちの一つに数えられ、講談や小説で有名な『伊賀の水日、三十六人斬り』の主役が荒木又右衛門である。又右衛門は伊賀の国出身で、大和郡山藩の服部という武家の養子となる。彼の妻の弟に備前岡山藩渡辺数馬という武士がいた。数馬の弟、源太夫が同僚の河合又五郎に殺されたため、数馬は弟の仇討ちに行くが、そこに又右衛門が助太刀をして、伊賀上野城下の鍵屋辻でみごとその目的を果たした。 これが1634年11月の『伊賀の水日、三十六人斬り』である。が、この三十六人斬りというのは誇張で、後世のつくり話らしい。実際は、河合方の総勢は二十人で、死んだのは四人である。又右衛門が倒したのは、又五郎の叔父の河合甚左衛門と槍使いの桜井半兵衛の二人だった。 又右衛門は半兵衛の家来には木刀で腰をしたたかに打たれているが、これが真剣ならば命はなかったわけである。墓は、破れかぶれの巨大な自然石。又右衛門にふさわしい墓だ。鳥取市玄忠寺に有る。 伊賀越仇討の剣豪・荒木又右衛門の菩提寺です。境内には、墓と荒木又右衛門遺品館がある。1634年実際に決闘に使われた太刀や鎖かたびら等多数の遺品資料は必見です。 庫裏には、高木百拙(たかぎひゃくせつ)筆の羅漢襖絵があり、墨一色でのびやかに描かれた羅漢達が味わい深く語りかける。四季折々の風情が楽しめる亀鶴…

続きを読む

山口県(周防)の国の城 岩国市「岩国城」

前から行こうと思いながらなかなか行けず町内の旅行で山口津和野・萩・門司観光の帰りにやっと錦帯橋に寄る事が出来ました。でも岩国城には行くことが出来ずまたもや素通りです!画像見て分かるように山の上に有り行くにはロープウエーに乗らなければ成らず、時間が足りなかった為です。 そこで今度は奥様と同じコースを回り岩国城も行きました。此処もまた天守からの眺めは最高でした!画像は前からと後ろから撮っています!一番下の段は天守からの眺め錦帯橋です ●築城当時の岩国城の規模 城山の尾根沿いに長さ180メートル、横に108~54メートル、石垣の高さ5.4メートル、天守閣は桃山風の南蛮造りと云われ、三層四階で本丸の北隅にそびえていた。この外に矢倉五棟、折り回し大門二門、埋門一門、井戸二堀があった。 横山側の前方を大手とし、御庄後方を摘手として錦川を隔てて北方に安芸境をにらんでいた。 1615年6月、徳川幕府の一国一城の制により取り壊しにあった。 昭和三十六年三月、天守閣跡より市内を眺望できる東側へ約30メートル位置を変えて、復元工事に着手、昭和三十七年に竣工した。旧天守閣跡の石垣は、当時の石積み技術のままに修復され、見学することができる。 お泊りは岩国からだと少し遠いかも分かりませんが湯田温泉が良いでしょう。宿は女将劇場で一躍有名に成りテレビでも放送されました。西の雅 常盤がおススメです。何時も1階で女将劇場が開かれ楽しめますよ! ホテル外観全景 お部屋一例 大浴場 …

続きを読む

長崎県 世界新3大夜景の街 長崎の歴史が分かる「出島跡」

出島は、1634年江戸幕府の鎖国政策の一環として長崎に築造された人工島。扇型になっており面積は3969坪(約1.5ヘクタール)。1641年から1859年まで対オランダ貿易が行われた。出島全体は大正11年10月12日、「出島和蘭商館跡」として国の史跡に指定されている。建造 出島は1634年から2年の歳月をかけて、ポルトガル人を管理する目的で、幕府が長崎の有力者に命じて作らせた。建造費銀200貫目(約4,000両)これを今のお金に換算すると約4億円となる。 築造費用は、門・橋・塀などは幕府からの出資であったが、それ以外は石嶺匠、高島四郎兵衛などの長崎の25人の有力者が出資した。ポルトガル人は、彼らに土地使用料を毎年80貫支払う形式となっていた(初代のオランダ出島商館長(カピタン)となったマクシミリアン・ル・メールが交渉し、借地料は55貫、現在の日本円で約1億円に引き下げられた)。大岡清相著「崎陽郡談」によると3924坪船着き場45坪とある。 明治以降 出島は、1883年から8年間にわたって行われた中島川河口の工事によって北側部分が削られ、1897年から7年にわたって行われた港湾改良工事によってその周辺を埋め立てられ、島ではなくなった。 1984年から2年にわたって、かつての出島の範囲を確認する調査を行った。その調査によって東側・南側の石垣が発見されている。また、当時の出島との境界がわかるように、道路上に鋲を打った。 1991年には地元テレビ局・NIB長崎国際テレビが…

続きを読む

和歌山県紀の川市 世界初の全身麻酔「青洲の里」

ここは私が高野山にお参りして帰りに寄った所で、映画やドラマでやった事のある、あの有名な華岡青洲の住まいと診療所が有ります。 春林軒は、江戸時代、華岡青洲の住まいと診療所を兼ねた建物で、母屋と蔵は、当時のそのままの建物です。すごい歴史を感じますね~ 薬の調合所、治療室、病棟、看護婦棟などもあり、医者を目指す若者が全国から、この春林軒に集まってきたとか?華岡青洲の名声は、全国にとどろいてたんですね。華岡青洲は、1760年10月に紀の川市の旧那賀町に生まれました。母と妻・加恵の献身的な協力もあって、マンダラゲを主成分とする麻酔薬「通仙散」を完成させ、世界で始めて全身麻酔による乳がん摘出手術に成功した人です。 世界初の全身麻酔手術が、日本で、しかも中央から遠く離れた片田舎で行われたというのは、驚き以外の何者でもありません。春林軒は、診療所というだけではなく、華岡青洲を慕って全国の医学生が集まる、いわば医学校だったようです。用務室もあって、門番もいたそうです。 〒649-6604  和歌山県紀の川市西野山473   TEL:0736-75-6008   FAX:0736-75-9334 お泊りは和歌山と言えばやはり白浜温泉が有りますよね!幾つも泊まった事が有りますが今日は白良荘グランドホテルをおススメします。ホテル外観正面玄関 このホテルはフロアーでどの従業員さんとすれ違っても非常に良い笑顔で挨拶をして下さいます。何を聞いても笑顔ではきはきと案内してくれます。…

続きを読む

北海道 登別温泉「地獄谷」泊まった宿の泉質 4種類 何と30以上の湯船有り!

登別温泉のホテルを出て直ぐの観光地で登別の地獄谷です!朝から雨で時折風も強く折りたたみの傘が風で壊れてしまいました。でも心配は要りませんでした。私たちの観光バスは大きなビニール傘を全員分用意してくれていました。良かったなぁ~一時はどうなる事かと思いました。さて地獄谷ですが周辺はもう硫黄の匂いでぷんぷんとしていました。ガイドさんに連れられるままに付いて行くと、間欠泉のある所まで連れてって下さいました。 間欠泉と言えば別府の竜巻地獄を思い出しますが、あんなに勢い良くは噴出しません!ぼこっぼこっ程度ですが確かに間欠泉でした。此処の観光を終えてバスに戻るとズボンの裾の方はもうびしょびしょになってました。 この時の宿はもちろん登別温泉ホテル「まほろば」です!登別温泉と言えば十数種類の泉質が有るんですね~私はここに行くまで知りませんでした!バスガイドさんの説明を聞いてびっくりしました。 温泉のデパートとも言われてるそうです。私はだいたい九州の温泉地に良く行くのですが、此処みたいに10種類以上も泉質が有る所は知りません。 この「ホテルまほろば」では4種類の泉質を30以上の湯船で楽しめます。 【 温泉泉質 】 硫黄泉 ~ 酸性・含硫黄(ナトリウム)硫酸塩泉(硫化水素型) 食塩泉 ~ ナトリウム・カルシウム塩化物泉 単純硫黄泉 ~ 単純硫黄泉(硫化水素型) 酸性鉄泉 ~ 酸性含鉄(II)ナトリウム塩化物泉 一つのホテルで4種類の泉質を楽しめると言うのも初めての経験でした。…

続きを読む

鳥取県倉吉市「白壁土蔵郡」と山陰の名湯で世界有数のラジウム泉三朝温泉

此処の白壁土蔵郡は余り距離は有りませんが、とても情緒が有って良いですよ~当日は観光協会の人に昼食処を聞くとこの町並みの中にある清水庵(せいすいあん)と言うもちしゃぶ屋は安くて美味しくてボリュームが有りますと聞き早速試食しました。お客さんが結構多くて席がやっと一つ空いてると言う感じでした。一番安いセットが1050円でお餅とお野菜と茶碗蒸しともう2品くらい有りました。大変美味しかったし大満足でした。 国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された玉川周辺の白壁土蔵群。江戸後期から昭和初期の建物が多く、その町並みの景観は本町通りの商家を主体とする景観と、玉川沿いの土蔵を主体とする景観と大きく2つに分かれる。 その町並みから山陰の「小京都」とも呼ばれ、周辺には酒蔵や醤油蔵が多く、かおり風景百選(酒と醤油のかおる倉吉白壁土蔵群)にも選定されている。黒い焼杉板、白い漆喰壁、赤い石州瓦という手法は統一的で美しい風景。 この倉吉市の土蔵群からほど近い所に三朝温泉が有ります。車で走れば10~15分位でしょうか?三朝温泉は、鳥取県東伯郡三朝町にある温泉で日本百景に選定されている。 泉質:ラジウムおよびラジウムがアルファ崩壊したラドンが含まれており、世界でも有数の放射能泉である。また一部の旅館には高濃度のトロンを含む温泉もある。源泉中のラドン量について683.3マッヘの記録がある。 三朝には温泉療法を実施する医療機関が複数あり、温泉は泉質に応じて温泉プール療法、飲泉療法、鉱泥療法など様々…

続きを読む

三重県志摩市 ラテン情緒たっぷりの 志摩スペイン村!

今は大阪のUSJにおされ気味でしょうか?去年2016年、確かに来園してる車の数はかなり少ない様でした私達が行ったときはまだかなりの賑わいでした。 スペインをイメージした建築物や料理、アトラクションなどが楽しめるテーマパーク「パルケエスパーニャ」を中心に、ホテル、天然温泉をあわせもつ複合リゾートです。 2008年春には、屋内型アミューズメントゾーン「ピエロ・ザ・サーカス」が誕生し、ますます子どもからお年寄りまで一緒に楽しめる施設となっています。 詳しくはこちら志摩スペイン村公式HPをご覧ください!エスパーニャカーニバル! スペインの文化やお祭りをテーマとしたパレードが楽しめます。 こちらでの宿泊は沢山ありますが、今回は安楽島温泉鳥羽シーサイドホテルをご紹介します。ホテルの規模は安楽島温泉では大きな方です。温泉も色々な種類の温泉が有り温泉好きには楽しめますよ。ホテル外観全景お部屋一般和室 大浴場もたくさん有りますので浴場巡りも楽しいですよ!お食事伊勢海老を中心としたお料理です!お土産売店です!沢山のお土産が揃ってます伊勢名物赤福も購入出来ます

続きを読む

日本最古の学校 岡山県備前市「閑谷学校」と美作三湯の一つ湯郷温泉

町内の有志で旅行に行く時、途中で寄り道した所で思いの他良かったから奥様も連れてってやりました。この建物の屋根には備前焼が使用されており、講堂は国宝に指定されております! 講堂の中は漆でぴかぴかに仕上げられており、中には入れません!素晴らしい建物でした、それに周りを囲ってる石垣の塀は機械も無い時代にどうやって作ったのだろうと思わせるようでした。 閑谷学校(しずたにがっこう)は、江戸時代前期に岡山藩によって開かれた庶民のための学校。所在地は岡山県備前市閑谷。校地は特別史跡、講堂は国宝です。 岡山藩主池田光政によって開設された世界最古の庶民学校です。藩士のための教育施設(藩校)「岡山学校」に続き、岡山藩立の学校として開かれた。建築には32年の月日を費やしており、他に例をみない手間隙かけた質とスケールを誇り330余年の歴史をもっている。 地方の指導者を育成するために武士のみならず庶民の子弟も教育した。また、広く門戸を開き他藩の子弟も学ぶことができた。就学年齢は8歳頃から20歳頃までであった。 カリキュラムは1と6の付く日には講堂で儒教の講義があり、5と10の付く日は休日となっているなどであった。頼山陽などの著名人も来訪し、幕末には少年時代の大鳥圭介もここで学んだ。 岡山藩は学校領を設け藩財政より独立させ、学田や学林を運営させた。これにより、もし転封や改易により藩主が交替となった場合においても学校が存続するよう工夫した。ここに岡山藩がこの学校をいかに重要視していたか、その…

続きを読む